MENU

育毛シャンプーと育毛剤の違いは?

P

育毛シャンプーと育毛剤はそれぞれ異なった役割を果たします。

 

育毛剤は血行を促進させて毛根に栄養を与え、髪の毛の「育毛を促進」し、育毛シャンプーは頭皮の老廃物や余分な皮脂を落とし、髪の毛が育つための「頭皮環境」を整えます。

 

育毛剤には頭皮の汚れを除去する働きはありませんが育毛シャンプーならそれが可能です。

 

フケやかゆみ、頭皮に炎症が起きている場合は育毛シャンプーで頭皮ケアをすると改善されることが多いです。

 

特にマイナチュレシャンプーを使用すると

フケやかゆみの改善

頭皮の炎症の鎮静

頭皮の乾燥

抜け毛が減る

髪の毛のハリが出てくる

 

といった効果を実感しやすいのが特徴です。

 

薄毛が気になったら育毛剤を使ったほうがいいの?とも思いますが、毛穴に老廃物が溜まっていたり皮脂汚れがあると、頭皮の状態が悪く育毛剤を使用しても浸透することができません。

 

なので薄毛や抜け毛が気になる…という方はまずは頭皮環境をよくするために育毛シャンプーを使うことが理想です

 

マイナチュレシャンプーには脱毛予防、育毛作用などが期待できる医薬部外品育毛剤の成分も配合されているので本格的な頭皮ケアに加えて、育毛効果を期待できます。

 

理想は二つを使用することですが二つはお財布に負担がかかる…という方は育毛剤よりも安い育毛シャンプーを使用されてみてはいかがでしょうか。

 

特にマイナチュレシャンプーはコスパもよく育毛シャンプーにありがちな泡が立たない、キシむといったことがないシャンプーです。

 

初めて育毛シャンプーを購入する、今までノンシリコン使っていたからキシみが心配という方にもおすすめです。

 

アミノ酸系シャンプーは他のシャンプーとどう違う?

今アミノ酸系シャンプーは注目されているシャンプーです。

 

シャンプーの洗浄成分は大きく「石油系・石鹸系・アミノ酸系」の3種類に分類されます。市販で売られているシャンプーは石油系が多く、安値で泡立ちがよいのが特徴ですが洗浄力が強く育毛ケアには適していません。

 

また石鹸系シャンプーも安値で環境にやさしいですが、石油系同様、洗浄成分が強く、頭皮への刺激が強いのが特徴です。石油系同様、育毛ケアには適していません。

 

アミノ酸系は弱酸性で頭皮への刺激や負担が少ないシャンプーです。また、皮脂も必要以上に取りすぎず頭皮にやさしいので育毛ケアにはアミノ酸系が最も適しています。

 

もちろん、マイナチュレシャンプーもこのアミノ酸系シャンプーです。

 

またシリコンが配合されているシャンプーは髪をコーティングするのでダメージヘアには効果的ですが、同時に頭皮の毛穴までコーティングしてしまうのでシャンプー後に育毛剤を使用したい方は効き目が悪くなるので使用をおすすめしません。