MENU

育毛シャンプーの効果的な使い方

P

育毛シャンプーはいきなり頭皮につけてゴシゴシ洗うよりも効果的な使い方があります。
せっかくなので、正しい方法を学び最大の効果が得られる使い方をマスターしましょう。

 

ブラッシング

最初に髪の毛をクシでとかしてホコリや古い角質を取り除きます。この時、天然系のヘアオイルをつけてマッサージをすると毛穴の奥の汚れが出てきます。

 

髪を予洗いする

シャンプーで髪を洗う前にしっかりと髪の毛を濡らします。ブラッシングした時に出てきたホコリや古い角質等をこの予洗いで流します。

 

シャンプーをする

シャンプーは手か泡立てネットを使用して掌に泡を作りましょう。

 

よく髪につけてから頭の上でゴシゴシ洗って泡立てる方が大半だと思いますが、この方法だと髪の摩擦でダメージが増えてしまいます。

 

泡は掌で泡立てるようにしてくださいね。

 

育毛シャンプーを泡立てたら頭の上に乗せ、指の腹で頭皮をやさしく洗います。爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうので爪が伸びている方やつけ爪をしている方は気をつけてください。

 

すすぐ

シャンプー後は十分に泡を洗い流します。

 

この時シャンプーが頭皮に残っているとダメージを与えてしまうのですべて洗い流すようにしてください。
皮脂や汚れが多かったり整髪料などを使っている場合は2度洗いがおすすめです。

 

コンディショナー

シャンプー後、水気をとって適量を髪のいたんだ箇所を中心に塗布します。

 

この時、頭皮ではなくなるべく傷んだ箇所を中心にたっぷりと成分を浸透させるようにし、全体になじませます。

 

すすぐ

コンディショナーを塗布後しばらくしてから、コンディショナーが髪や頭皮に残らないようにしっかりとすすぎます。

 

ぬるつきがなくなるまですすぎましょう。

 

シャンプーは毎日するものなので、この効果的な方法で洗ってみてください。